タグ:星生山 ( 13 ) タグの人気記事

7月24日 星生山朝駆け

Nikon D600
c0288262_18351696.jpg

予報は微妙だったが、遠征に向けた体力造りの為朝駆けした。入山が遅くなり、余裕を持って山頂に立つには時間が足りず、星生止まりとなった。
星生も数組の団体が登って来たりでそれなりに騒々しかったが、曇り予報に反して上空は快晴の空が広がって何とかご来光も望めそうだった。
今回は全然使ってなかったカメラの虫干しをとNikonを持ってきていたが、日頃使わないからあれこれ忘れてて暗い中でゴソゴソ面倒くさかった(笑)

ご来光前は大船方面の雲が焼けるか、と思ったが、思いの外広がらず、ご来光も最初は雲の中からで弱い光しか届かず、ちょっと平凡な朝だった。
その後は西千里に降り、モウセンゴケ等の散策をし、ただマクロを持っていなかったから撮るに撮れず下山。長者原で食事をした後、大牟田の大蛇山を撮りに向かった。

More 簡単に
[PR]
by syokeinokujyu | 2016-07-26 20:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

6月18日 星生山夕駆け

PENTAX K3
c0288262_1732630.jpg

平日良いタイミングで行ける人と違い、身動きが取れない僕は今年は九重のミヤマは諦めモードだった。行かなかった事にしたガスの朝駆けも有った
りしたが、何とか土曜日に午後から登れる時間を作り、最終盤のミヤマを楽しむ事が出来た。

More 間単に写真のみで
[PR]
by syokeinokujyu | 2016-06-24 18:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(1)

惜別のミヤマキリシマ

PENTAX K3
c0288262_18461973.jpg

18日の夕方。
取り敢えず1枚。
PENTAXの雅で撮っているが、ミヤマが飽和している。RAWから現像すればとも思うが面倒で(笑)
[PR]
by syokeinokujyu | 2016-06-20 19:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

1月1日 星生山朝駆け 12年目の驚愕

PENTAX K3
牧ノ戸⇒星生山(ピストン)
c0288262_13501568.jpg

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
まるで高速道のように西千里を煌々と照らす初日の出登山者のライトの列。

例年初日の出登山は人が多すぎて遠慮していたが、今年は3ヶ日の予報が元日だけしか希望が持てなさそうだったので仕方が無くゆっくりしたい大晦日から登って来た。人が多いのはある程度予想はしていたが、来るわ来るわ、夜中の段階で牧ノ戸の駐車場はほぼ満車状態。

元日は実家の年始の為にどうしても昼までには帰宅しないといけない制約が有り、お手軽に登って降りてこられる星生に登ることにして、先に入山する仲間を見送った。その後、しばらく車中でTVを見ながら待機し、まだ早いとは思いながら3:40入山。アイゼンは不要ながら微かに積もった雪を踏み登って行き、5時前に山頂着。幸いまだ誰も登っていない星生山の今年最初の登頂者になり、山頂標識に頭を垂れ今年一年またお世話になりますとご挨拶した(笑)

気温は最低時で-10℃、寒い事は寒いが風が弱く我慢できない程ではなかったが、防寒を済ませ、山専ボトルの熱湯でコーヒーを淹れ暖を取った。しばらくして眼下の西千里を見下ろすと有り得ないほどのライトの列。真夜中でも途切れない人並みに、朝駆けを始めて12年目、これほどの列を見たのは初めてだった(驚)

最初の方の列は天狗・中岳を目指し、次の列は久住、最後に星生と時間経過に応じて行き先が変わっていき、星生もご来光間近には30人程度はいただろうか。中岳や久住の混雑振りが目に浮かぶようだった。
ご来光は稲星と白口の稜線中間からで、雲間に隠れる事もあったが、平和に単調に明けていった。ご来光を見た後は速攻で下山。帰途、山陰のアイスバーンで一瞬ヒヤリ、とした場面も有ったが、無事実家へ着き、親類縁者との久し振りの宴席で盛り上がった。

More
[PR]
by syokeinokujyu | 2016-01-05 15:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

秋の贈り物

PENTAX K5Ⅱs
c0288262_16223998.jpg

冬の無機質なモノクロの世界の前に季節の鮮やかな贈り物。

でも、今日の新聞、やっぱり結論が出た。正体はアナグマ(笑)

More
[PR]
by syokeinokujyu | 2015-10-22 17:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

沈黙のGODZILLA

PENTAX K5Ⅱs
c0288262_17124273.jpg

夜明け前の静寂にゴジラの背中が不気味に浮かぶ。

More ゴジラシリーズを後2枚
[PR]
by syokeinokujyu | 2015-09-15 18:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(0)

8月8日 星生山朝駆け

PENTAX K5Ⅱs/K30
牧ノ戸⇒星生山(ピストン)
c0288262_15511659.jpg

来週に迫った遠征の最後の打ち合わせを兼ねて、例によっての始業前朝駆けに行って来た。
牧ノ戸から星生分岐までで打ち合わせはほとんど終了、夜明け後に少しでも早く下山出来るように皆と別れ1人星生山に登った。
先客1人の山頂で、夜空や夜景を静かに撮っていたが、眼下の西千里を続々とライトの明かりが連なっていた。今日は朝駆け多そうだ
天狗や中岳は大変だろう、と高を括っていたが、あろう事か星生にもその波が押し寄せ、10人以上のグループが二組も登って来てげんなり(ーー;)
その一組は明らかにNET関連のグループで、山頂で初めまして、とか何とか、色々見得の張り合い、知ったかぶりの披露仕合、騒々しくて
肝心な時に何か撮る気を喪失してしまった(笑)
そんなグループが有っても特に否定はしないが、往々にして傍若無人、自分達だけの世界に入り込んでいるので煩くて堪らなかった。
そんなこんなで夜が明けたら速攻で下山、仕事場に直行しこれ書いてます(笑)

More
[PR]
by syokeinokujyu | 2015-08-08 16:12 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

11月23日 星生山朝駆け

PENTAX K5Ⅱs / FUJI GA645Zi
牧ノ戸⇒星生山(ピストン)
c0288262_1823955.jpg

3連休中日の日曜、久し振りに星生山に朝駆けした。
夜10時過ぎに牧ノ戸へ着き仮眠。2時すぎに目を覚まし、ダラダラ準備をした後、ボッチさんたちと入山。ただ、北穂以来ずっと続けてきた山行の影響か、左ひざが痛くてペースが上がらない。普通に歩く分は問題無いが、大きな段差を超える時にぐっと力を入れるとズキッとくる。先週もそうだったんで、これは何回か朝駆けを飛ばさないと治らないかも知れない(ーー;)

という訳で、お手軽な星生に登る事にして、ボッチさんとは分岐で別れ、独りゆっくり登った。

More
[PR]
by syokeinokujyu | 2014-11-24 15:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

11月3日 星生山朝駆け後男池散策

PENTAX K5Ⅱs / K30 / FUJI GA645Zi
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒星生崎⇒避難小屋⇒牧ノ戸⇒男池(車移動)⇒ソババッケピストン
c0288262_1634013.jpg

残念な3連休になりそうな予報だったが、唯一月曜だけ晴れ予報。ただ1500メートル付近の風は15メートル。ちょっと悩んではみたが、男池の紅葉も見てみたい。どうせ九重まで行くなら駄目元で朝駆けする事にした。
風は予報通りで西にはカメラを向けることが出来ないほどの強風、おまけに予報には無かったガスの洗礼で夜明けを拝むことは出来ず、上空は晴れているのになぁ、といつものぼやき節でさっさと下山し、男池から再度入山し見頃を迎えているであろうソババッケの紅葉を確かめに行った。
おかげで登り下り27000歩、今日は朝から膝が痛い(笑)

More 今回はキャプションのみで
[PR]
by syokeinokujyu | 2014-11-04 18:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(2)

1月11日 星生崎朝駆け

PENTAX K5
牧ノ戸⇒久住避難小屋⇒星生崎⇒星生山⇒牧ノ戸
c0288262_19153569.jpg

金曜夜、瀬の本で仮眠中の山下〇長と合流し、牧ノ戸から入山。上空には低いガスが有るようで星も見えたり見えなかったり。第1級の寒波到来に期待していたが、拍子抜けするほど新しい積雪は無く、いったん融けかかった雪が凍り付いていて最初からアイゼンをガシガシ効かせて登った。

気温は避難小屋前で-10℃、入山時の牧ノ戸が-9℃だったんで小屋内ではそこまで寒くはないが、外で風が当たる場所では地獄になる寒さだ。
先に下山しないといけない僕は、池の小屋へ前進する〇長と分かれてしばらく待機。続々と登って来る最近の新興朝駆け勢力にちょっと嫌気がさして、まだ早いなぁ、とは思いながら人が来さなそうな星生崎へと登った。

小雪と強風に煽られながら日の出まで1時間程度待機。待機中もガスは晴れず、眼下の避難小屋や登山者の光もたま~に見える程度。他の山頂はまったく見えなかった。

結局日の出まで状況は変わらず、明るくなってから一瞬久住が望めたぐらいの完膚無き敗退。
トレースが無い星生尾根を、振り向き振り向きしながら山頂まで縦走した。

山頂でも視界は開けず、結局そのまま下山することにしたが、そこでアクシデント発生。なんと右足のアイゼンが真ん中からポッキリ真っ二つに。信じられない展開にビックリ。まだ2年ぐらいしか使っていない6本爪の軽アイゼンだが、エバニュー、タイガイニシトケヨ(--〆)

星生斜面もトレースが無くなっていて、おまけに片足アイゼン、少しでも傾斜を避けようと坊主経由で池塘に降り、9時過ぎに下山した。

More
[PR]
by syokeinokujyu | 2014-01-12 16:00 | 九重連山 | Trackback | Comments(4)


GINが撮った九重連山


by GIN

カテゴリ

全体
九重連山
九重以外の山
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

最新の記事

ガスヒカル
at 2016-12-16 17:00
大船浮上
at 2016-11-26 19:00
11月23日 天狗ヶ城朝駆け
at 2016-11-25 19:00
10月30日 よ~わからんか..
at 2016-11-07 20:00
稜線上の山屋(^^ゞ
at 2016-10-13 19:00
越境
at 2016-09-02 18:00
雲湧く夜明け
at 2016-09-01 17:00
目覚め
at 2016-08-31 17:00
神域
at 2016-08-30 17:00
この先へ
at 2016-08-29 17:00

外部リンク

お気に入りブログ

憧憬の九重

タグ

(67)
(66)
(34)
(34)
(26)
(20)
(17)
(13)
(13)
(11)

ブログジャンル

カメラ
登山

最新のコメント

えっ、立山ですか。 う..
by syokeinokujyu at 16:28
GINさん こんにちは ..
by いりえさとぴ at 11:10
いりえさん、こんにちは。..
by syokeinokujyu at 16:52
大空さん、こんにちは。遠..
by syokeinokujyu at 16:47
GINさん こんにちは ..
by いりえさとぴ at 16:43
ginさん こんばんは。..
by 大空 at 22:05
いりえさん、こんばんは。..
by syokeinokujyu at 18:06
Ginさん 遠征お疲れ様..
by いりえさとぴ at 13:07
いりえさん、こんにちは。..
by syokeinokujyu at 18:32
Ginさん こんにちは ..
by いりえさとぴ at 16:03

メモ帳

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング