5月2,3日 北ア燕岳遠征 下山編

PENTAX K3 / SONY TX10
c0288262_1331328.jpg

3度目でやっと会えたライチョウ。足先まで白い毛に覆われて可愛いかった。

燕山荘では夜間でも出入りしやすい場所に寝床を割り当ててもらい、比較的楽なスペースで爆睡出来た。夕食時には燕山荘オーナーの恒例のアルプホルンの演奏と色んな注意事項の講話が有ったが、3時過ぎにはきれいな天の川も見えるとも言われていたので起床時間は3時前とした。

睡眠不足と疲れからか起されるまで気付くことも無く熟睡。可哀想な白雪姫は野獣4人のいびきのハーモニーに果たして眠れたのだろうか、部屋の隅っこで布団を被っておびえていたに違いない(爆)







c0288262_13413640.jpg

みんなに出遅れること10分。外に出てみると、薄雲は有りそうだがご来光は望めそうなまずまずの空だった。早出の登山者か、テント場もポツポツ明かりが灯り、燕岳とのコラボでまず1枚撮影した。



c0288262_13462472.jpg

先に出たみんなを探しに行き、思い思いの場所でスタンバイしている所を見て僕も自分なりのアングルを探そうとイルカ岩を探しに山頂方面に進んで行った。するとかなり遠いかと思っていたイルカ岩が思いの外近くに有って、しかも月と槍ヶ岳とイルカ岩の絶妙のアングルが取れる事が判り早速三脚を出して撮影した。



c0288262_13511314.jpg

数枚撮った後、これは後で何言われるか分からないな、と思い、カメラを置いたまま再度小屋周辺で撮っている仲間を呼びにヒイコラ言って戻った。でも結局呼びかけても応答が無く、またヒイコラ戻って夜明けを迎えることにした。



c0288262_13552438.jpg

4時を回ると小屋での活動も始まったようで、外に出てくる人も増えてきた。



c0288262_13584423.jpg

裏銀座の稜線に月が沈み蒼いマジックアワーが始まった。しかしここで痛恨のミスに気が付いた。わざわざ重いのに持ち上げてきた超広角レンズを小屋に置いてきてしまっていた(-_-;)
取りに戻ると一番良い時間を逃しそうで悶々としていたが、結局諦めてカメラに着けているレンズだけで撮影することにした。



c0288262_1422980.jpg




c0288262_1424986.jpg

ご来光はやっぱり霞の中からで、届く光もちょっと弱々しいもの。モロゲンもチョッピリ焼けぐらいで残念だったが、それでも残雪をまとった稜線の夜明けは筆舌に尽くしがたいほど美しかった。
はるばる来た甲斐が有ったというものだ。モロゲンは次回に期待しよう。



c0288262_1495728.jpg

双六岳や水晶岳などの裏銀座の稜線の夜明け。



c0288262_14111988.jpg

南アルプス方面。富士山も見えたと仲間は言っていた。



c0288262_14123468.jpg

どこへ行っても槍。存在感が別格。



c0288262_14131351.jpg




c0288262_14132619.jpg




c0288262_14134347.jpg

夜明けの後は一旦小屋へ戻り朝食を摂った。本来はもう一泊して縦走路をいけるところまで行く予定にしていたが、好天のピークが1週間早く来てもう翌日には崩れる予報になっていた為この日下山することに決めた。
下山前に今回のハイライトを実行。



c0288262_141753.jpg

今回もお揃いの特製Tシャツで記念写真。小屋前に居た登山者の羨望とも嘲笑ともつかぬ「馬鹿ですね視線」を感じながら、今一乗り切れないシャイな親父たちは事前に決めていた燕を指差すというポーズもとれずグズグズだった(爆)



c0288262_14225866.jpg

ザックをデポし山頂を目指した。



c0288262_14244686.jpg

しかし周りを見れば被写体の宝庫、進まない。



c0288262_14253593.jpg




c0288262_14255178.jpg




c0288262_1426742.jpg




c0288262_14262353.jpg

やっとのことで燕岳制覇!(^^)!



c0288262_1427324.jpg

控えめに槍に向かって制覇のポーズ。



c0288262_14275162.jpg

北燕岳越しの多分白馬と剣。



c0288262_14294585.jpg




c0288262_14301252.jpg

山頂から燕山荘に戻り、デポしたザックを背負い下山開始。小屋側で諦めていたライチョウに遭遇し、今回の登山は90%の出来となった。マイナスは小屋でストックを無くした事と下山時の合戦沢の頭の雪面で7,8メートル滑落したこと。まだスピードが上がる前だったので仰向けからうつ伏せに回転し、借りていたストックを思い切り雪に突き刺し何とか止まる事が出来た。ストック借りてなかったら今頃木に激突して骨折、あるいは下まで滑り落ちてアーメン、ちょっとぞっとした瞬間だった。

下山後は松本の健康ランドで1泊。松本城や神戸の夜景を撮りながら無事帰福した。色々有った登山だったが、日頃の行いの正しい僕のおかげで(3年連続の好天野郎)2日間は天候に恵まれ充実した登山だった(笑)
燕岳が100名山じゃ無いことに驚きだが、秋にもまたこの地を踏めるといいなと思った。
その後順次解散した訳だが、ヘロヘロの親父たちを尻目にまた直接他の場所に撮影行した猛者が居たことは秘密である(笑)



普通は家に帰って寝るわ(爆)
[PR]
by syokeinokujyu | 2015-05-08 18:00 | 九重以外の山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kujyu.exblog.jp/tb/24065604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


GINが撮った九重連山


by GIN

カテゴリ

全体
九重連山
九重以外の山
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

最新の記事

錦纏う石鎚
at 2017-10-13 18:00
秋化粧
at 2017-10-12 20:00
天狗月照
at 2017-10-11 18:00
霊峰燃え立つ[10月8,9日..
at 2017-10-10 19:00
10月1日 HDRなやまらっきょ
at 2017-10-02 17:00
9月24日 天狗ヶ城朝駆け
at 2017-09-27 20:01
9月18日 星生山夕駆け
at 2017-09-27 20:00
蒼暁槍ヶ岳
at 2017-09-13 18:00
楽園
at 2017-09-12 17:00
9月10日 扇ヶ鼻朝駆け
at 2017-09-11 18:00

外部リンク

お気に入りブログ

憧憬の九重

タグ

(67)
(66)
(45)
(35)
(34)
(22)
(17)
(14)
(13)
(13)

ブログジャンル

カメラ
登山

最新のコメント

えっ、立山ですか。 う..
by syokeinokujyu at 16:28
GINさん こんにちは ..
by いりえさとぴ at 11:10
いりえさん、こんにちは。..
by syokeinokujyu at 16:52
大空さん、こんにちは。遠..
by syokeinokujyu at 16:47
GINさん こんにちは ..
by いりえさとぴ at 16:43
ginさん こんばんは。..
by 大空 at 22:05
いりえさん、こんばんは。..
by syokeinokujyu at 18:06
Ginさん 遠征お疲れ様..
by いりえさとぴ at 13:07
いりえさん、こんにちは。..
by syokeinokujyu at 18:32
Ginさん こんにちは ..
by いりえさとぴ at 16:03

メモ帳

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング